赤ちゃん筆はいつ作る?赤ちゃん筆に関する疑問を徹底解説

ライフスタイル

一生に一度しか作る事のできない「赤ちゃん筆」。

子供が生まれた記念としてせっかくなので作りたいと思っている親御さんも多いのではないかと思います。

しかしいつごろの髪の毛が適切なのか、どうやって作るのか、作った筆はいつ子供本人に渡すべきなのか、などの詳細を皆さんご存知でしょうか。

今回はそんな赤ちゃん筆にまつわる疑問を徹底解説していきます。

ぜひこの記事を読んで筆づくりの参考にしてみてください。

一生に1回しか作れない宝物!赤ちゃん筆とは

髪を切られている子供

赤ちゃん筆は生まれた時から1回も切られていない髪の毛で作った筆の事です。

胎毛筆とも呼ばれママのお腹にいる間から生えていた髪の毛を使って作ります。

赤古来より我が子の健やかな成長を祈願、また字がうまくなるようにという願いが込められて作られている歴史があります。

赤ちゃんの一番最初の髪の毛はとても柔らかくふさふさしています。

筆自体は使えない事もないですが、髪の毛は繊細でとても細いので柔らかすぎるという特徴があります。

その為お守りのように記念として取っておく人が多いです。

一生の中でも一度しか手に入らない髪の毛で作るこの筆は両親の子供への思いやりや愛が沢山込められています。

赤ちゃん筆はいつ作る?

赤ちゃん筆にはこの時期に作るという明確なタイミングはありません。

赤ちゃんも髪の毛の量に個人差があるので筆を作るのに必要な量と長さが揃った時に作るのが良いとされています。

平均では1歳前後が目安とされています。

生まれてから1年くらいたつと髪の毛の量もかなり長くなり増えてくるので、誕生日前後にカットする赤ちゃんが多くいます。

しかしながら生まれつき髪の毛が多い子供の場合は生後半年ほどでも作ることができます。

逆に髪の毛が少ない子の場合は2歳くらいで作る子もいます。

赤ちゃん筆は一度も切っていない髪の毛が条件になります。

1度でもカットしてしまうと髪の毛の断面が鋭利になり毛先が細くなりません。

毛先が自然に細くなっている胎毛だからこそ筆に適しているのです。

そのためいつ髪の毛を切るかというタイミングが非常に大切になってきます。

赤ちゃん筆に関する疑問を徹底解説!

髪の毛をカットされている子供

では赤ちゃん筆を作るにあたり出てくる疑問を1つずつ解説していきます。

必要な髪の毛の長さ

作る筆のタイプにもよりますが平均で約5cm以上、髪の毛を束ねた状態で直径8mm以上必要です。

目安として大人の小指くらいの太さと言われています。

作る筆の種類によって長さや量の指定が多少異なるので、制作会社の指定情報や作りたい筆の必要情報を参考にしましょう。

制作費用

軸の素材、筆の太さや大きさなどで価格が変わってくることに加え、桐箱の有無でも価格は変わります。

だいたい5,000~30,000円と幅が広く10,000円前後の商品が特に人気です。

箱の装飾などもするとプラス料金がかかります。

長い期間保管するものなので価格と質を比べながら決めるのが良いでしょう。

制作方法

赤ちゃん筆を作る方法は主に2つあります。

1つは「自分たちで散髪し、直接注文する」方法です。

これは製造しているメーカーに自分で直接注文する方法で、専門メーカーは近年オンラインで注文を受け付けています。

ネットでデザインや詳細を注文し、カットした髪の毛を指定された方法で郵送します。

豊富なデザインをゆっくり落ち着いて選べたり、子育て中は何かと忙しいのでネットで注文できるのはとても便利です。

特に自分たちでこだわったデザインにしたかったり、筆の種類や保管用の箱も自分たちの好みにできるのでオリジナルにこだわりたいご両親にはオススメの方法です。

また自分たちで散髪するとカット代がかからないので経済的です。

子供の髪の毛は短くて少ないにもかかわらずカット代は比較的高額です。

自分たちで切ればお金もかからず、また自分で切ったという思い出を作る事もできます。

もう1つの方法は「制作を受け付けていたり代理で行っている美容院を利用して作る」方法です。

美容院でカットしてそのまま髪の毛を預かってもらえるので手間がかかりません。

子供は初めての散髪になるので、慣れない雰囲気に騒いでしまったり、じっとしていられなく泣き出してしまったりと髪を切るのに苦戦する事も多いです。

1歳前後は特に静かに座わっていることが難しいので、心配な親御さんは美容室で切ってもらう事をオススメします。

美容室で筆を作ると筆を作るのに必要な毛の量や長さを確実に確認してもらえます。

完成品は美容院で受け取りという流れになるところが多いです。

筆作成代の他にもカット代が追加でかかりますが、プロの意見を聞きながら作成できるという安心感が美容院で作成する場合にはあります。

また切った後の髪型を整えるのも美容室だと安心です。

今まで伸ばしていたのを切るので思ったより短い仕上がりになったと感じる親御さんも多くいます。

坊主に近い短さや女の子だとベリーショートに近い髪型になる子が多いのも事実です。

しかし美容室だとそうした髪型も上手に仕上げてくれてトータルでしてもらえるメリットがあります。

受け取り後の保管方法

どちらの方法でも製作期間は1ヵ月~2ヵ月程度とされています。

完成品を受け取った後は筆の状態を確認し不備がない場合、桐箱の中にある台座の下に防虫剤を入れて保管しましょう。

長い間開封しない事が多いので防虫剤を入れておくことで劣化を防ぐことができます。

また保管する場所は直射日光を避け、湿度が高すぎない場所を選びましょう。

できれば保管場所の空気を入れ替えるようにもしましょう。

赤ちゃん筆はいつ渡す?

木箱

では実際に作ったこの赤ちゃん筆をいつ子供本人に渡すのか、そのタイミングをご紹介します。

学校の区切り

小中高いずれかも学校の区切りで渡す親御さんもいます。

両親が作ってくれた思い出の品をお守りのように大切にするという事を伝えられるので、物を大切にすることを教える事もできます。

子供が大きくなる前に渡して親子の絆を深めたいと思っている方は特にこのタイミングがオススメです。

成人した時

成人式を迎えた20歳を区切りに渡すご両親もいます。

子供が親元から離れる成人という一区切りするタイミングで渡す事で、成人したことをより意識させることができます。

特に20歳だとアルバイト経験がある人もかなり増えて働く事の大変さを理解する時です。

成人したタイミングだからこそ自立を促す良い機会になります。

結婚した時

結婚の時に渡すご両親もいて特に女の子が嫁ぐタイミングで渡す方もいます。

結婚は成人よりもさらに自立するタイミングであり多くの子供が家から出ていく機会になります。

その際に思い出の品として、また新しい環境でも頑張れるようにとお守りとして渡します。

結婚は自分の家族や自分の人生について深く考える機会になります。

その際に筆を渡す事で親から大切に育ててもらったという有り難さや、親の子に対する思いがより伝わります。

まとめ

赤ちゃん筆は一生に一回しか作れない大切な思い出の品です。

一回しか作れないからこそ失敗したくない親御さんも多いと思います。今期この記事では赤ちゃん筆に関する様々な詳細を徹底解説しました。

この記事を参考に自分たちがどの方法で制作し、いつ子供に渡したいのかなど夫婦で話し合ってみてください。

ぜひこの記事を赤ちゃんにとってもご両親にとっても思い出の時間と筆を作るのに役立たせてください。

 

マムパピのインスタグラムについて

mampapi-マムパピでは、2児の娘を持つママさんがインスタグラムにて、子育てママのお話を受け付けております。

妊娠・子育て中のお悩みや、育児のアドバイスなどDMやコメントで気軽にお話ししましょう♩

ライフスタイル
ABOUT THE AUTHOR
この記事を書いた人
RK

静電気におびえて暮らしています。冷え性を改善しようと模索中。好きな食べ物はうどんで丸亀製麺大好きです。キャラクターはぐでたまとカービィが大好きです。よろしくお願いします。

mampapi(マムパピ)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました