寝すぎる赤ちゃんの心配なこと 睡眠時間や注意する点を解説

子育て・育児

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごします。

数時間おきに起きて、母乳やミルクを飲むとまた眠ります。

その間隔は2~4時間程度といわれています。

では授乳間隔がどのくらいあいてしまえば、「寝すぎ」といわれるのでしょうか。

ここでは赤ちゃんの月齢別平均睡眠時間や睡眠リズムを分かりやすく説明していきます。

また寝すぎる赤ちゃんの心配なことや注意する点なども紹介していきます。

新米ママさんや「上の子とは少し違うぞ」と思っている人必見、赤ちゃんの眠りについて一緒に勉強していきましょう。

睡眠時間と睡眠リズム

寝ている新生児

赤ちゃんには決まった睡眠時間や、睡眠のリズムがあるのでしょうか。

月齢別にみていきます。

生後0~1か月

この時期の平均睡眠時間は15~20時間です。1日の大半を寝て過ごします。

昼夜の区別はなく、約2~3時間の睡眠→母乳・ミルク→2~3時間の睡眠→母乳・ミルクを繰り返します。

生後1~3か月

この時期の平均睡眠時間は14~17時間です。

生後1か月頃は、まだまだ1日の大半を寝て過ごします。2~3か月頃になると一度の睡眠時間も、起きている時間も少しずつ長くなっていきます。

生後3~6か月

この時期の平均睡眠時間は13~16時間です。

昼夜の区別も少しずつ、つくようになります。

朝・昼・夕に昼寝をし、夜に6時間ちかくまとまって睡眠をとれるようになる子もでてきます。

生後6~9か月

この時期の平均睡眠時間は13~15時間です。

6か月頃は朝・昼・夕にしていた昼寝が、9か月頃には朝・昼の2回になる子もいます。

動きも活発になるので朝まで起きない子もでてきますが、夜泣きがでてくるのもこの時期です。

生後9~12か月

この時期の平均睡眠時間は12~14時間です。9か月頃から徐々に昼寝が1回になる子もいます。

どの時期も平均に幅があるのは、あくまでも平均だということです。

睡眠時間やリズムは一人一人違います。

私うちの上の子は生後1か月までは、2時間睡眠→母乳を時間ピッタリに繰り返しました。

また下の子は同じ時期に6時間~8時間睡眠→母乳を繰り返していました。

姉弟でもこれだけの違いがあり、当時は不思議に思っていました。

赤ちゃん 寝すぎの時間はどれくらい

睡眠時間には個人差があることがわかりました。

では一度の睡眠時間が、どの程度で「寝すぎ」になるのでしょうか。

またどのくらいで起こすべきなのでしょうか。

寝すぎとは

はっきりと、「何時間を超えれば寝すぎです」と書かれているものはありません。

ただ寝ている時間が長いということは、授乳の間隔があいてしまうので脱水症状には気を付けてください。

また1日の授乳の回数が減ることにもなるので、体重の増え具合にも気を配る必要があります。

起こす時間

5~6時間で起こすようにしましょう。

「寝すぎ」に決まった時間がないとはいえ、やはりある程度で起こして授乳をしたり、様子を見ることは必要です。

私はこの時間を知らずに、8時間ちかく寝かせていたこともありました。

産院の1か月検診で、「さすがに、8時間は寝すぎ!6時間くらいで様子をみてね。」と言われたことがあります。

起こし方

ぐっすりと眠っているとなんだか起こすのがかわいそうになります。ではどのように起こすとよいのでしょうか。

まずは優しく声をかけるようにしましょう。優しく触れたり、おっぱいを近づけてみるのもいいかもしれません。

またオムツを替えてみるのもよいです。

大きな声や物音などでびっくりさせるのはやめましょう。

できるだけ優しくと言いたいところですが、実際うちの子も「優しく」では全く反応はしてくれませんでした。

オムツ替えをしながら、ひたすら話しかけていると仕方なしのように目を開けて、おっぱいを飲むとまたすぐに寝るの繰り返しでした。

また朝はカーテンを開け、空気を入れ替えるなど環境を整えてあげることも大切です。

よく寝る赤ちゃんの特徴

寝ている赤ちゃんにキスする女性

よく寝る赤ちゃんに特徴はあるのでしょうか。

また心配な点や注意することもみていきます。

特徴

特徴として挙げられることは、「少しくらいの物音などが気にならないような赤ちゃん」が多いようです。

うちもそうでしたが、上の子のときは「できるだけ静かに」と、物音をたてないように気を使っていました。

そうなると逆にわずかな音でも目を覚ましていました。

下の子は、夜間以外は常に音のある環境だったにもかかわらず、気にする様子もなくぐっすり眠っていました。

それぞれ音に対する感じ方や性格が違ったり、生まれたときの環境などが大きく関係しているようです。

心配な点・注意すること

寝すぎることで心配な点は、体重増加などの成長の面です。寝ている時間が多いと、どうしても授乳の回数は減ります。

新生児の体重は1日で平均約30g、1か月で約1kgの増加が目安と言われています。

体重の増加にも個人差はあるので、気にし過ぎる必要はありませんが、よく寝る子は気を付けてあげましょう。

寝すぎることで注意する点は、オムツかぶれです。

通常オムツを替えるタイミングは、授乳のときです。

授乳間隔があけば、オムツを替える間隔もあいてしまいます。こまめに確認をしてあげましょう。

よく寝る赤ちゃん発達障害の可能性

よく寝てくれるとママとしては助かりますが、寝すぎると心配になります。

特に心配されるのが、「発達障害」の可能性です。

発達障害の特徴のひとつに、不眠症や過眠症といった睡眠障害があるということが挙げられます。

では赤ちゃんの頃に寝すぎる子は、発達障害の可能性があるのでしょうか。

赤ちゃんの頃の「寝すぎる」ことだけで、発達障害の可能性があるとはいえません。

発達障害は成長過程で、同年齢の子に比べて発達が遅かったり、苦手なことや得意なことの差が激しい凸凹な状態のことをいいます。

赤ちゃんの頃の睡眠時間だけで、発達障害を心配したり不安に思う必要はありません。

病気の心配

長時間眠るようでも、元気ならばそんなに問題はありません。

  • 元気がない
  • 顔色が悪い
  • 常に眠そう
  • 発熱している
  • 体重が増えない

上記のような点がみられれば、医師に相談しましょう。

まとめ

笑う赤ちゃん

赤ちゃんの睡眠時間には個人差があります。

育児書では2~3時間の授乳間隔と書かれていることが多いですが、1~2時間で起きる子もいれば5時間以上寝る子もいます。

5~6時間をめどに起こすようにしましょう。

授乳間隔があいてしまうと脱水状態の心配や、体重増加にも影響がでてきます。

よく寝る子の心配な点は、授乳の回数が減ってしまうことで体重の増加に影響がでないか、ということです。

1日平均30g、1か月で約1㎏の増加が目安です。大幅に下回るようなら、医師に相談してみましょう。

寝すぎる子は発達障害の可能性があるのではないかといわれますが、「寝すぎる」というだけで発達障害であるとはいえません。

発達障害がある子どもさんは不眠症や過眠症といった睡眠障害に悩まされている人が多いです。

そのことから、寝すぎる赤ちゃんは発達障害では?といわれることがありますが、医学的にも証明はされていません。

産後の大変なときに赤ちゃんがよく寝てくれることは、非常に助かります。

しかし「赤ちゃんのお世話は大変!」と聞いていると、あまりに寝すぎることが心配になります。

子どもそれぞれに個性があるように、睡眠時間もそれぞれ違います。

睡眠時間もその子の個性だと捉え、あまりに心配し過ぎずに、寝ている間の様子をみることを気を付けて子育てを楽しみましょう。

 

マムパピのインスタグラムについて

mampapi-マムパピでは、2児の娘を持つママさんがインスタグラムにて、子育てママのお話を受け付けております。

妊娠・子育て中のお悩みや、育児のアドバイスなどDMやコメントで気軽にお話ししましょう♩

子育て・育児
ABOUT THE AUTHOR
この記事を書いた人
satomi

保育園で給食の先生をしながら、高1の娘と中2の息子を子育て中のシングルマザー7年目。
普段は13歳年下彼氏とカップルブロガー「ひかさと」として活動中。

mampapi(マムパピ)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました