幼稚園で英語教育は必要?早期英語学習の効果を徹底解説

教育

近年英語学習を取り入れる幼稚園が増えてきています。

「子どもには英語ができるようになってほしい」と親の関心は高く、幼児期からの早期学習への取り組みが多くみられるようになりました。

しかし「なんとなくやったほうがいいのは分かるけれど、幼稚園から本当に必要なのだろうか」「早く始めすぎると後々問題にならないのだろうか」といった疑問が生まれる事も少なくありません。

そこで今回は幼稚園での英語教育と早期学習の効果について徹底解説していきます。

早く始めるのはメリットいっぱい!?

本を抱える女の子

英語教育を取り入れる幼稚園が増えている理由

近年英語教育を取り入れる幼稚園が増えている理由に、2020年から教育改革の一環として「英語教育の前倒し」が行われたことがあります。

小学校3・4年生は「外国語活動」として年間35コマ、週1~2回の授業があります。外国語活動は成績がつかず、教科書もありません。

授業内容は自治体や学校ごとに決められていて、リスニングとスピーキングが中心に行われます。

外国語に慣れ・使いながら親しみを持つことが目的とされています。

小学校5・6年生は今まで中学1年生から始めていたのを小学5年生に繰り上げ「教科」としての授業が始まります。

年間70コマ、週3~4回授業があります。

3・4年生でやったリスニングとスピーキングに加え、ライティングやリーディングも勉強します。

2021年からは中学校の授業は全て英語で行われるようになります。

今まで日本語で授業が行われていたものに比べると内容が一段とレベルアップされます。

そして高校で勉強していた文法を中学生の間で勉強するように指導内容も変更されました。

このように教育改革により少しずつ前倒しに勉強するように変更されています。

その為将来を見越し早期教育をスタートさせる幼稚園が増えているのです。

幼稚園児が英語学習に適している理由

幼稚園児の4~6歳はコミュニケーションがとれる年齢なので、意思疎通もしやすく言語学習には最適な年齢と言えます。

脳の吸収も早いので単語もすぐに覚えることができ、また覚えた単語を応用して使いやすいです。

幼稚園では歌をみんなで歌ったり、ダンスをして身体を動かし楽しみながら学ぶ事が多いです。

楽しみながら勉強ができるので子供も率先して歌ったり踊ったりしています。

また絵本の読み聞かせも行われます。

読み聞かせでは聞いている英単語が分からなくても、子供自身が絵で話を推測したり英単語の意味を推測しながら徐々に理解していきます。

小学生になると学校での勉強で色んなことを一気に学習しますが、幼稚園の間はまだそこまでの学習量がないので英語を集中して吸収できるというメリットがあります。

先生や友達との距離も近く、遊び要素も多いので堅苦しくなく自然な形で身につけることができます。

早期英語学習の効果

英語を学ぼう

では早期英語学習に取り組むと具体的にどのような効果があるのでしょうか。

脳が発達する

早期学習をする事でその言語独自の脳を作ることができます。

英語を日本語で考えて話す事は脳を動かし頭をフル回転する必要があります。

また両言語の文法や性質、表現方法などが似ていない事から難しいと感じてしまう人が多くいます。

幼いうちに「英語脳」を取得する事でその複雑な工程を省きスムーズに考え話す事ができるようになります。

習熟度が早い

子どもの脳はスポンジの様に柔らかく吸収力がとても高いです。

言語力向上には語彙力が欠かせません。

吸収力が高いうちに多くの語彙を覚える事ができればその分だけ勉強する時有利になります。

習熟度が早いうちに外国語に触れるのは言語を勉強する上でとても有効的です。

外国語への抵抗が少なくなる

幼いうちから言語そのものへの抵抗を減らすことができます。

日本語とは違う言語を使う事は大変・難しいといった概念が生まれにくいというメリットがあります。

多くの日本人は英語で話す事は恥ずかしい、間違っていたら怖いなどという理由で英会話が苦手な人が多いです。

しかし幼少期から抵抗をなくせば外国人との会話も自然に行うことができます。

耳を鍛えられる

早期教育では音を聞き分ける能力を身につけることができます。

ある程度の年齢に達すると聞き慣れていない音を発音したり聞き分けするのが難しくなります。

その例として日本人は「R」と「L」の発音が苦手とされています。

音が違うだけで単語の意味が変わってしまう事もあるので音の違いが分かる事はとても大切です。

小さいころから耳を鍛え音を理解する事で、こうした問題に直面する機会を減らすことができます。

スムーズに取得できる

言語には「臨界期」と呼ばれるものがあります。

臨界期とは「言語をスムーズに習得できるのは一定の年齢に達するまで」という意味で使われます。

母国語は生まれた時から聞いているので母国語が苦手な人はほぼいません。

しかし外国語は母国語にプラスで学んでいくものになるので、臨界期を越えてしまうと言語取得に時間も努力も費やす必要が出てきます。

その為この臨界期を迎える前に子供が英語を学ぶとスムーズに取得することができると言われています。

多様性を身につけられる

日本語とは違った表現や新しい感情の表し方を学ぶことができます。

また外国人の先生が教える機会もあり、幼いころから外国人と接する事もあります。

こうした異文化に接する機会が多い事から自然と多様性を身につけることができます。

 勉強する楽しさを知る

小さいころから外国語に触れる事で「自分の知らない新しい事を学ぶのは楽しい」と印象付けることができます。

自分で学んだ言葉を相手に伝えよう、新しく覚えようとする積極性も身につけることができます。

これらは小学校に入学した後の勉強に対する姿勢にも繋がり、学習意欲を高めることができます。

気になる日本語への影響は?

「小さいうちから勉強する事の大切さは分かるけれど、日本語もまだそこまでできないのに英語を勉強して大丈夫なのだろうか」

「日本語を忘れてしまわないのだろうか」と心配する親御さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この疑問に関しては英語を日常生活レベルで使えば多少日本語へも影響が出てきますが、幼稚園での学習時間内であれば特に問題ないとされています。

また小学校で勉強する時には既に日本語は母国語としてしっかりできるレベルになっているので、第二言語が母国語を追い抜くという心配はほぼいらないです。

幼児教育で英語脳を作っておくことができれば、小学校でその言語脳を発達させていくことができます。

言語脳は自転車の乗り方のように一度覚えると忘れないことはなく、使い続けているうちにまた思い出すという性質があります。

その為英語の早期教育に取り組めば後々効果が持続されるというメリットの方が大きいのです。

まとめ

englishと書かれた単語帳

幼稚園で英語教育を行う事は小学校での学びの準備段階として有効的であり、脳の発達や音の理解など幼少期ならではの特徴を活かせるメリットが多くます。

特に4~6歳は最適な時期でありこの時期に学習するからこそ得られる恩恵が沢山あります。

特に今の子供達が大人になる頃には、国際社会で活躍するのが当たり前の時代になる可能性が高いです。

その為にもできるだけ早く子供に英語に触れる機会を作ってあげる事で将来の選択肢を増やしてあげることができます。

ぜひ今回ご紹介した幼稚園での英語教育や早期教育の効果やメリットを参考にしてみてください。

 

マムパピのインスタグラムについて

mampapi-マムパピでは、2児の娘を持つママさんがインスタグラムにて、子育てママのお話を受け付けております。

妊娠・子育て中のお悩みや、育児のアドバイスなどDMやコメントで気軽にお話ししましょう♩

教育
ABOUT THE AUTHOR
この記事を書いた人
あやぱん

ちょっぴりわがままな長女と、とってもマイペースな次女を持つママライター。
都内で美容師を経験し、今は現役専業主婦でまだまだ忙しい子育て・家事に追われてます!
至福のひと時は、落ち着いたときに食べるコーヒーと飴ちゃん(笑)
子育ての経験を活かし、皆様に役立つ情報をお届けします☆

あやぱんをフォローする
mampapi(マムパピ)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました